FC2ブログ


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

ws24.jpg

5月の301ワークショップ「女性ヌードモデル・クロッキー会」(関西美術院合同企画)も、新型コロナウイルス感染防止の観点から、開催を延期致します。
日程は状況が落ち着き次第、アナウンスさせて頂きます。申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

【第24回301ワークショップ 女性ヌードモデル・クロッキー会(関西美術院合同企画)】
日時:延期
会場:調整中
司会:山本真也(画家/俳人)

紹介:「女性ヌードモデル・クロッキー会」
人が絵を描く、人を描くことは、壁画の太古より現在に至るまで続けられて来た営為である。
飽き性の私をして、人はいくら描けども、飽きない。

人間の体は、表面的な美しさもさることながら、バリエーションに富む運動体、内面や人生を示唆する表現体として観察することもでき、多面的な面白さを有する。
ともかく、日頃絵を描かない方も、一度筆を執ってみられたい。
人間への思いが変化するはずだ。
持参品:30ポーズ程度を予定しています。
お好みの画材やスケッチブックがあれば、お持ち下さい。コピー用紙・鉛筆・画板は会場に用意があります。

参加費:1500円
ご予約は、workshop301@outlook.comまで。

関西美術院
1906年、浅井忠を中心に、本格的洋画研究所の先駆けとして設立される。
梅原龍三郎・安井曾太郎・須田国太郎らを輩出。
現在も創立時の理念に基づき、石膏写生・人体写生・油画制作が行われる。
建築は、京都市役所・京都府立図書館等で知られる武田五一。
北向きの大きな窓からの自然光で描くことができる。
http://www.kanbi.org
           *
以降のワークショップのスケジュールは、
https://workshop301.amebaownd.com
をご参照下さい。
           *
301第二作品集『301vol.2ダダダダウッピー』発売中です。
https://www.amazon.co.jp/301vol-2ダダダダウッピー/dp/4909541055/ref=sr_1_fkmr0_1?__mk_ja_JP=カタカナ&keywords=301+象の森書房&qid=1576825846&sr=8-1-fkmr0


スポンサーサイト




ws23.jpg

4月の301ワークショップ「私たちの季語を創る」は、新型コロナウイルス感染防止の観点から、開催を延期致します。
日程は状況が落ち着き次第、アナウンスさせて頂きます。申し訳ありませんが、宜しくお願い致します。

【第23回301ワークショップ 私たちの季語を創る】
日時:延期
場所:調整中
進行:宇都宮さとる、工藤 惠
テーマ:「私たちの季語を創る」

 俳句を作るとき、季語の存在を無視することはできません。
 有季であれ、無季であれ、常に季語を念頭に置きつつ、俳句を作っていますが、この「季語」は時代とともに、変遷してきました。
 私たちの時代には、私たちの季語があっていい。
 今の時代を見つめつつ、また、季語への理解を深めながら、私たちの季語を創っていく。そんな素敵な展開を見据えたワークショップにできればと思います。

構成(予定)
1.「季語の変遷とその時代における役割」について(ミニ勉強会)
2.「春を表す言葉」を探す
3.「春を表す言葉」で句会(袋回し)
           *
以降のワークショップのスケジュールは、
https://workshop301.amebaownd.com
をご参照下さい。
           *
301第二作品集『301vol.2ダダダダウッピー』発売中です。
https://www.amazon.co.jp/301vol-2ダダダダウッピー/dp/4909541055/ref=sr_1_fkmr0_1?__mk_ja_JP=カタカナ&keywords=301+象の森書房&qid=1576825846&sr=8-1-fkmr0



ws22.jpg

俳句・短歌を共通言語に、多ジャンルのメンバーが集う「301」主催のワークショップ、3月の企画は「言葉で体に触れてみる」です。
お申し込みは、workshop301@outlook.com まで。
           *
【第22回301ワークショップ 言葉で体に触れてみる】
日時:2020年3月22日(日)13:00~16:00
会場:東山いきいき活動センター 105号
司会:嵯峨実果子/増田美佳(文筆家/ダンサー)

紹介:私たちは普段言葉を使ってコミュニケーションをしています。言葉は意図や意思を手渡す記号ですが、このワークショップでは、いくつかのワークを通じて日常的な言葉や体の用法から少しはみ出して、様々な状態を味わってみたいと思います。

ワークの前には脱力をメインとしたストレッチも時間をかけて行い、日常タスクで固まった心身をゆるめます。
ダンス経験のない方も歓迎です。動きやすい服装でご参加ください。

※会場は12:40から開いています。

参加費:1000円
お申し込みは、workshop301@outlook.com まで
           *
以降のワークショップのスケジュールは、
https://workshop301.amebaownd.com
をご参照下さい。
           *
301第二作品集『301vol.2ダダダダウッピー』発売中です。
https://www.amazon.co.jp/301vol-2ダダダダウッピー/dp/4909541055/ref=sr_1_fkmr0_1?__mk_ja_JP=カタカナ&keywords=301+象の森書房&qid=1576825846&sr=8-1-fkmr0



ws21.jpg

俳句・短歌を共通言語に、多ジャンルのメンバーが集う「301」主催のワークショップ、2月の企画は「爬虫両棲類を愛でる会」です。
お申し込みは、workshop301@outlook.comまで。
           *
【第21回301ワークショップ 爬虫両棲類を愛でる会】
日時:2020年2月16日(日)14:00~17:00
場所:京都市左京区(詳細はご予約時にご連絡いたします)
司会:福田将矢

紹介文:
蝌蚪、河鹿、蟇、穴惑、蜥蜴、蝮、はんざき…
俳句の軸となる季語。その季語が詰まった歳時記のページをめくってみると、意外にも爬虫類、両棲類に関わる季語が多いことが読み取れます。このように古くから日本人と深いかかわりのある爬虫類や両棲類。皆さんも子供のころはよく庭先でヘビやカエルを捕まえていたのではないでしょうか。

しかしながら成長して大人になり、触れ合う機会が減るにつれ、身近な爬虫類や両棲類は「小さな友達」という存在から、「得体のしれないもの」「何となく気持ちの悪いもの」「危害を加えるもの」とマイナスな存在になってしまうことが多いようです。爬虫類や両棲類に対する世間の風は冷たいもの。今では「ヘビ」などというと途端にしかめっ面をしてしまう人、“気持ち悪い”と一言で片づけてしまう人が多く、悲しくなってしまいます。
しかしながら、あなたの持っている「イメージ」は、彼らの本来の姿を表しているでしょうか?

このワークショップでは、現職の蛇研究者(博士課程学生)とともに爬虫類、両棲類を実際に「観察」し、ちょっとした解説を踏まえつつ、彼らの新たな一面を「発見」していけたらいいなと思っています。
観察会の後には、爬虫類や両棲類に関連したミニ句会を予定しています。
既存のイメージが払拭されること請け合いです!

構成(予定)
1.ミニ講座「爬虫類両棲類ってなに?」
2.爬虫類、両棲類を観察してみよう!
3.ミニ句会
4.有志で懇親会

※俳句がはじめての方でも大歓迎です。
※事前の準備は不要です。身一つでお越しください。
(カメラがあるとベターです!)

参加費:1000円
お問合せ・参加申込みは、workshop301@outlook.com まで
           *
以降のワークショップのスケジュールは、
https://workshop301.amebaownd.com
をご参照下さい。
           *
301第二作品集『301vol.2ダダダダウッピー』発売中です。
https://www.amazon.co.jp/301vol-2ダダダダウッピー/dp/4909541055/ref=sr_1_fkmr0_1?__mk_ja_JP=カタカナ&keywords=301+象の森書房&qid=1576825846&sr=8-1-fkmr0



ws20.jpg

俳句・短歌を共通言語に、多ジャンルのメンバーが集う「301」主催のワークショップ、1月の企画は「みんなで遊ぼう」です。
お申し込みは、workshop301@outlook.comまで。
           *
【第20回301ワークショップ みんなで遊ぼう】
日時:2020年1月26日(日)14:00~17:00
場所:東山いきいき活動センター301号室
司会:元岡謙二
テーマ:「みんなで遊ぼう」

以前から、思ってたことがあります。
俳句って、日本の伝統文化であり、権威があり、小難しくて・・・
というイメージを持たれている一方で実は、「お遊び」的な側面が多分に含まれているのではないか。
ちょっと昔の村暮らしなら、冬の手慰みに皆で景品を持ち寄って村長さんの家で俳句大会(句会)を開いてたみたいだし、兼題(俳句の会の前に、予めお題を出しておくこと)の誰が一番上手く課題をこなせるかを仲間と競い合う様はオンラインゲームのクエストみたい。そして何より「プレバト俳句」、俳句のエンタメ性が今まさに開花中です。

つまり何が言いたいのかと言うと、「遊び」が分かれば俳句がより深く楽しく、そして上手くなるのでは!?
と言うわけで、みんなで遊びましょう!!!
今回は、新聞、雑誌、テレビでも最近よく取り上げられるアナログゲーム(カードゲーム・ボードゲーム)を用意しました。

童心に戻ってわいわい騒ぎ
でも頭脳はクールに勝利を見据え
欲をかいてはドボンと沈み
臆病になっては逃げ遅れ
そして何より楽しいと

そんな会にできればと思います。

構成(予定)
1.ミニ講座「俳句とアナログゲーム」
2.アナログゲームで遊ぼう!
3.俳句をテーマにしたミニゲーム

※俳句がはじめての方でも大丈夫です。(俳句は半分お題目です)
※事前の準備は不要です。身一つでお越しください。

参加費:1000円
お問合せ・参加申込みは、workshop301@outlook.com まで
           *
以降のワークショップのスケジュールは、
https://workshop301.amebaownd.com
をご参照下さい。
           *
複合メディア誌『301』第二号、2019年12月21日刊行します。
https://www.amazon.co.jp/301vol-2ダダダダウッピー/dp/4909541055/ref=sr_1_fkmr0_1?__mk_ja_JP=カタカナ&keywords=301+象の森書房&qid=1576825846&sr=8-1-fkmr0




| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2020 VOICELESS CONVERSATIONS, All rights reserved.