Recent entries
2016/09/13 (Tue) 俳句
2016/07/02 (Sat) UNDER THE BLACKSTAR
2015/11/21 (Sat) 音楽
2015/06/01 (Mon) N.へ

Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


bowie1.jpg

デヴィッド・ボウイの死は衝撃的だった。死んだこと自体もだが、その死に様が。
周知の通り、ボウイはミュージカルフォークロックソウルアンビエントディスコドラムンベース等、様々に音楽性を変化させ、伴ってヴィジュアルも変化させ、幾つものペルソナを作り出し、役者もやる、絵も描く、債券も発行する、その影響は一音楽家の枠を超え、この半世紀における文化的巨人であった。
流石のボウイも心臓の病に臥せった2004年以降は新作の発表が無く、半ば引退したかに思われていたが、2013年に復帰作『THE NEXT DAY』をリリース。これまでの集大成的内容であり、且つ新たな試みも鏤められた、実に豊かな作品だった。しかし直後、癌の宣告を受ける。
死を悟って挑んだラストアルバムが、展覧会のタイトルにもなっている『BLACKSTAR』だ。ここに来てボウイはまたも"change"を敢行。ダニー・マッキャスリン等、ジャズの新局面を探求するミュージシャン達と共作し、往年をも凌ぐ大胆な転身を見せ、そして発売の翌々日に逝った。「こっちを見上げてみな、俺は天国にいる」と歌い、PVでは痩せ細り血管の露になった手をアップにする等、自己のヴィジュアルも芸術の一部として来たボウイは、ここで死相すらアイコンにした感がある。
全く、こんな死に方が出来るものか。
僕は『BLACKSTAR』を主題に展覧会をやろうと思った。

山本真也個展『UNDER THE BLACKSTAR』
【会期】2016年7月19日(火)〜7月31日(日)※25日(月)休廊
【時間】12時~19時 ※最終日〜17時
【クロージングパーティー】7月30日(土)18時〜21時 ※参加費500円
【会場】ギャラリー知
【会場電話番号】075−585−4160
【会場住所】〒604−0995 京都市中京区寺町通丸太町東南角下御霊前町633青山ビル1F
【最寄り駅】京阪電車神宮丸太町駅より徒歩5分、地下鉄烏丸線丸太町駅より徒歩7分、地下鉄東西線市役所前駅より徒歩7分
【会場URL】http://gallery-tomo.com
undertheblackstar1.jpgundertheblackstar2.jpg




スポンサーサイト

chihuahua7.jpg

日が近付いたので、改めてデザインフェスタへの参加を告知させて頂きます。
東京で初めての展示です。

デザインフェスタvol.33
【私のブースナンバー】G-362
【私の展示内容】水彩・油彩・墨等によるチワワの詰め合わせをどうぞ
【日時】2011年5月14日(土)15日(日)AM11~PM7
【場所】東京ビッグサイト西ホール全館 〒135-0063 東京都江東区有明3-21-1
【交通案内URL】http://www.bigsight.jp/general/access/index.html
【TEL】03-5530-1111
【入場料】前売券800円(一日)1500円(両日)当日券1000円(一日)1800円(両日)
【デザインフェスタURL】http://www.designfesta.com/index.html

最近無味乾燥な記事が続いてしまって、申し訳有りません。
どうしよう、これでは余りに素っ気無いなあ…

また少女時代を貼っ付けますので、御容赦下さい。
曲はGee!僕のブースナンバーもG!無理矢理!
ユナの可愛さに免じて、御容赦下さい。
テヨンだけでなくユナも好きなのです、サランヘヨ。

ひたすらユナ




chihuahua6.jpg

前の記事の続き)
という訳で、スティングの来日公演に行きました。
大阪は朝潮橋の中央体育館。
今回は『シンフォニシティ』を受けてのツアーで、東京ニューシティ管弦楽団、アルバムに参加した楽器陣、コーラスにダラム大聖堂でも歌ったジョー・ロウリーを迎えての大合奏でした。
ポリス再結成の折は、ファーストの曲など、無理に当時のキーとテンションで歌おうとしてしんどそうに感じたのですが、いやはや、今回の『ロクサーヌ』は音域も声量も凄かった。
オーケストラの抑揚ある演奏と呼応するように、年輪重ねた渋い声音が響いたり、煌びやかなハイトーンの虹架けたり。
デュエット曲のハーモニーには鳥肌立ち、涎垂れ、失禁しそうだった。
更にCDに収録されていない『ラシアンズ』とか『ムーンオーヴァーバーボンストリート』とか、もう続編作って欲しいなんて、前回書いたインタビュアーみたいな野暮を言ってしまいますが、ツアーパンフレットによると、オーケストラをフィーチャーした新曲を書こうとしているとのこと!
そのうち更なる驚きを与えてくれるでしょう。
他に会場で驚いたのは、コンサート開演前2500円だったパンフレットが、帰り際サイン入りで5000円で売られていたこと!
余りの阿漕さに失禁しそうだった。

「絵を描いています」と言うと、「画材は何ですか?画題は何ですか?」と訊ねられ、上手く答えられないことがあります。
道具もモチーフも特に拘り無く、何でも使って何でも描いているからです。
これから収斂して行くのか、更に拡散して行くのか、恐らく両方が言えるのでしょうが、ともかく“今これを作れという声に従って”色んなものを作り、色んなフォーマットで発表して行こうと思います。

第34回関西美術院展
【私の展示内容】油絵の自画像出品予定
【日時】2011年3月15日(火)~20日(日)AM10~PM6(最終日はPM5時半)
【場所】京都府立文化芸術会館2F展示室 〒602-0858 京都市上京区河原町通広小路下ル
【交通案内URL】http://www.bungei.jp/map/access.html
【TEL】075-222-1046
【入場料】無料
【関西美術院URL】http://www.kanbi.org/

デザインフェスタvol.33
【私の展示内容】水彩・油彩によるチワワオンパレードの予定
【日時】2011年5月14日(土)15日(日)AM11~PM7
【場所】東京ビッグサイト西ホール全館 〒135-0063 東京都江東区有明3-21-1
【交通案内URL】http://www.designfesta.com/event/index.html
【TEL】03-5530-1111
【入場料】前売券800円(一日)1500円(両日)当日券1000円(一日)1800円(両日)
【デザインフェスタURL】http://www.designfesta.com/index.html

スティングのように、無限のパレットを持って。

STING SYMPHONICITY TOUR-You Will Be My Ain True Love/Whenever I Say Your Name




chihuahua3.jpg

年が暮れますね。
忘年会ラッシュを経て、もうすぐ実家に帰ります。
父母妹はともかく、お犬様に逢いに。

我が家に「チワワ憐みの令」が発せられたのは十数年前。
父と妹が珍しく結託し、いきなり子犬(茶)と小型の檻を買って来ました。
動物が苦手だった私は、「もう実家には帰らん!」と吐き捨てたものです。
二月後には、ビビの糞を嬉々として拾い上げておりました。
毒突いた折の気持ちは、今は微塵も思い出せません。
ちなみに「檻なんか捨てて、リビングで一緒に暮らそう!」と提案したのは僕です。
いや、最初にそれを主張したのは私だとして母も譲らず、論争は未だ決着を見ませんが。

ティンク(白)が来たのは、くぅちゃんブーム真っ只中。
アイフルのCM効果で、白いロングコートチワワの値が沸騰していた頃。
商売人の父をして「人生で最も迷った買い物」と言わしめた、ぼったくり価格でした。
なお先輩たるビビは、とばっちりで「安物」と呼ばれるようになりました。

末っ子のシャルル(黒)はスムース、毛足の短い犬種。
体重も最軽量の1.2キロ、誰にでも懐くフットワークの軽さ、そして行動も軽率極まり無い。
団栗に木の枝にバッグの革紐、あらゆる物を飲み込んでは病院に駆け込み、彼の日常は全くスムースじゃありません。

「裸婦との対話」と謳いながら、最近犬の絵ばかり載せていますが、ティンクは雌なので、一応「裸婦」ということで。

ビビ/ティンク/シャルル
chihuahua2.jpgchihuahua4.jpgchihuahua5.jpg

まあくぅちゃんよりウチのティンクの方が可愛いけど。


やっぱりくぅちゃんの勝ちかな…くぅ…

c71.jpg

子供の頃点取り虫で、全国模試の順位表を見るのが趣味の嫌なガキだったわけだが、だからかどうか自分でランキングを作るのが好きだった。
その対象は多岐に渡り、フェイバリットソング、フェイバリットマンガ、フェイバリット給食からフェイバリット給食のパン、フェイバリットクラスの美女に及んだ。
6年2組のベスト3はメグミちゃん・マリちゃん・リョウコちゃんであったが、学年全体を舞台にすると、3組のミユキちゃん・4組のタマイさん辺りも食い込んで来るか、などと思い巡らせながら登校したものだ。
中学時代に愛したバンドはビートルズ・イーグルス・サザンオールスターズ、ボーカリストベスト3は飛鳥涼・財津和夫・アートガーファンクルで、今考えると年の割に渋いチョイスしてたなあ、女子にモテないわけである。
ちなみに高校生になってもオールドロック嗜好は変わらず、学園祭で『オネスティ』、『ホテルカリフォルニア』をやった我がバンドTHIN&FATは、やはり女子高生には見向きもされなかったが、父兄からは好評で、ウチの母・山内君の母などライブの間中フラッシュを焚きまくっていた。
ちなみにTHIN&FATという名は、当時ガリガリだった僕とブクブクだった山内君のツインボーカル体制のバンドだったことに由来する。
ちなみにコンサートのポスターには、骸骨と小錦の写真をフィーチャーした。
大学時代によく見た映画は、『ゴッドファーザー』・『ゴッドファーザーPARTⅡ』・『ゴッドファーザーPARTⅢ』で決まりだね。
さて現在愛する画家は、曾我蕭白・竹内栖鳳・佐伯祐三鴨居玲三岸節子・レンブラント・ドガ・ロートレック・ルドン・ドーミエ・ゴッホ・シーレ・サージェント・ソローリャ
う~ん、三つには決められないなあ。
現在愛するアイドルは、綾瀬はるか・水川あさみ・北川景子佐々木希・上戸彩・加藤あい・加藤ローサ・黒木メイサ・ガッキー・ナッキー・アッキーナ・ユッキーナ・ヨンア少女時代KARA恵比寿マスカッツ……
どうやら小学生の時よりも気が多くなっているようである。

でも動物ベスト3は迷いません、ウチのチワワのビビ・ティンク・シャルル、上の絵はビビ。


Honesty/Billy Joel



GENIE/少女時代





| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 裸婦との声無き対話, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。