Recent entries
2016/09/13 (Tue) 俳句
2016/07/02 (Sat) UNDER THE BLACKSTAR
2015/11/21 (Sat) 音楽
2015/06/01 (Mon) N.へ

Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


c32.jpg

             家庭において

母は編物をする
息子は戦争をする
それは全く当然のことと思う 母は
そして父は 何をする 父は
彼は事業をする
妻は編物をする
息子は戦争
自分は事業
それは全く当然のことと思う 父は
そして息子は 息子は
何と思う 息子は
全く何も思わない 息子は
息子 母は編物をする 父は事業 自分は戦争
戦争が終わったなら
彼は父と事業をするだろう
戦争は続く 母は続く 編物をする
父は続く 事業をする
息子は戦死する 彼はもう続かない
父と母は墓地に行く
それは全く当然のことと思う 父と母は
生活は続く 編物のある生活 戦争 事業
事業 戦争 編物 戦争
事業 事業 そして事業
墓地のある生活。

シャンソン『枯葉』の作詞者として知られるジャック・プレヴェールは、人間の内面を言葉尽くして表すのでなく、外形や周囲の情景の描写から却ってその中身を炙り出す、上の様な詩を沢山残した。「映画的な詩」と評される所以である。(『天井桟敷の人々』等、映画の脚本も多数手掛けた。)「言葉の魔術師」とも呼ばれるプレヴェールだが、寧ろ説明的な言葉の力を疑っていた様に思う。言葉は語られる対象そのもので到底無く、質の悪い比喩に過ぎない。ならばその粗末な例えをそのままは使わず、セットを組んで一つ芝居を打とうじゃないか、そんな風にしてかのアプローチを取ったのでないだろうか。
斯様な彼の姿勢に共感を覚える画家の私も、説明的な描写は極力排し、対象から汲み取ったイメージを代弁するタッチの集積によって、棒読みの写実を超えるリアルを求めたいと思っている。

             メッセージ

           誰かが開けた扉
           誰かが閉めた扉
           誰かが座った椅子
           誰かが撫でた猫
           誰かが齧った果物
           誰かが読んだ手紙
           誰かが倒した椅子
           誰かが開けた扉
           誰かが走り続ける道
           誰かが通り抜ける森
           誰かが身を投げる川
           誰かが死んだ病院。

出典 Jacques Prévert,Parole,Gallimard,collection folio,1972.

『枯葉』 Yves Montand



スポンサーサイト

57.jpg

黄色い肌を描く
描いているとお腹が減る
おにぎりを食べる
やる気が湧く

赤い唇を描く
またお腹が減る
サンドイッチを食べる
再びやる気が湧く

やる気だけ先走って名作は生まれない
徒労感に満ち満ちる
肩も凝った
デトックスサウナに行く

汗と共に悪いものが分泌される
タオルに黄や赤の染みが出来る
カドミウムイエローとカドミウムレッドだ
描いた手でものを食べてはいけない

311.jpg

再びジョジョの話題。
『ジョジョの奇妙な冒険』を第1巻1ページから読み進んでいると、作者・荒木飛呂彦さんが絵においてもストーリーにおいても徐々に徐々にその独自性を掴んで行ったのが分かり、勉強になる。連載開始当初は、西洋が舞台ながら非常に東洋的な「波紋」の術が出て来るなど既に個性的な面も認められるものの、当時の格闘漫画の亜流の感は否めない。それが第2部第3部と進むに従い、荒木さんの哲学や嗜好が台詞で説明されるのでなく、物語自体や絵柄、人物像、擬音語など具体的なものに昇華して行く。作者の世界観と作品の世界観の間にかっちり回路が出来て行く。
絵を描いていると、モチーフからの感動や生み出したいという強い衝動はあるのにそれがなかなか画面に表れてくれない、なかなか自分の画風が作れないと焦ることもあります。しかしジョジョは「自分の内なる冒険を一歩一歩進め、一つ一つ掴んで行く」という重要なことを確認させてくれるのです。
ただ良いことばかりでなく、一昨晩、ディオにスタンド攻撃される夢見てうなされて目が覚めました。

24.jpg

この三箇日にやったこと

蕎麦を食う
餅を食う
すき焼きを食う
夜中にすき焼の残りを食う
体重計に乗る
少し自制を心掛ける
初詣でに行く
つもりで外に出るが寒いから止める
でも初売りには行く
大阪のオバハンに圧倒される
妹の部屋にWiiを見付ける
妹と喧嘩する
Wiiをやり損ねる
仕方無く自室に戻る
ジョジョ第5部を読破する
深夜の『ライアーゲーム』の再放送を全部見る
戸田恵梨香が好きだ
でも朝眠い
眠いけど頑張る
頑張って起きる
祖父母宅に御挨拶に行く
近況を報告する
祖父母に絵の何たるかを説く
懇々と説く
絵の具セットまで取り出して説く
おじいちゃんを描く
おばあちゃんを描く
赤を乗せる
青を乗せる
緑を乗せる
黄を乗せる
気が乗って来る
筆が走る
走りまくる
良い出来だ
会心の出来だ
絵を見せる
けなされる

b_20071222013654.jpg

色気付き、ファッションに興味を持ち始めた中学時代。
大好きだったチャゲアスの飛鳥のいつも黒尽くめの衣裳が刷込みとなり、モノトーンばかり着るようになった。
だからかどうか、絵の方も白黒の世界が堪えられない。

CHAGE and ASKA - WALK





| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 裸婦との声無き対話, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。