FC2ブログ


Recent entries

Selected category
All entries of this category were displayed below.

301-2party.jpg

年末に上梓した『301vol.2ダダダダウッピー』の出版記念パーティーを開催します。
本の配布、僕の絵の展示の他、メンバーによる様々なプレゼンテーションを考えています。
豪華商品も当たるかも?

日時:2020年2月23日(日)14時〜
会場:スーパードライ京都2階ホール(河原町三条ちょっと下ル)
会費:5,000円
お申し込み:workshop301@outlook.com に、1月末日までにお知らせ下さい。


スポンサーサイト




301-2ダダダダウッピー

「301」の第二作品集が刊行されました。

帯にある通り、「301」は、俳句・短歌を共通言語に、様々なジャンルのメンバーが集い、新たな視座や活動領域を作って行こうというグループ。

画家の僕の他、ダンサー・ミュージシャン・蛇の研究者・マダガスカルの蟻塚研究者・ソロモン諸島の地域研究者・仏文研究者などが執筆。詩・小説・エッセイ、絵・写真も含みます。

amazonで「在庫切れ」とか「1~2ヶ月以内に発送」となっていることがありますが、発売直後の在庫変化の激しいことに因るもので、品切れ表示でも発注して頂くと、早くお手元に届きます。
https://www.amazon.co.jp/gp/product/4909541055?pf_rd_p=3d322af3-60ce-4778-b834-9b7ade73f617&pf_rd_r=ZK5HTHBSM3JRR4N7GNR9.

僕に直接言ってもらっても大丈夫です。
よろしく!



sendan123.jpg

俳誌『船団』の第123号が発行されました。
今回も表紙絵・カット共に抽象画ですが、特集が「俳句とリズム」ということで、スナップを利かせて描きました。

最近僕の中で、具象と抽象がかなり接近しています。
質感と色彩で表現する。それらが特定の意味を結ぶ折は具象、結ばなければ抽象となるが、絵の根幹とするものは変わらない。ものとして強いかどうか、それが第一。

本の中身ですが、盟友・植田かつじの連作30句が巻頭。題は「人妻」
「301」がお世話になっている象の森書房の松山たかしさんによる「あらるげ物語」は、稔典・たかしらの学生時代がモチーフとなっていて、その青春群像と句群は妬ましいほど鮮やか。90年代にビートルズやニューシネマや大江健三郎を知った僕にとって、60年代は永遠に眩しい。

お求めは、書店にて「地方・小出版流通センター扱いの南方社の船団」と告げて下さい。



kanbigaka8-3.jpg

本日より会期後半。
二人展を一緒にやった岡本匡史、いつも刺激をもらう児玉健二・後藤亜利子の両先輩、沢山の示唆を残して逝った師・三谷祐幸の作品も並びます。

「関西美術院の画家たち」展Ⅷ
【会期】2019年10月1日(火)〜10月13日(日)/7日(月)休廊
【時間】11時~18時/13日(日)は〜17時
【会場】アートギャラリー博宝堂
【会場住所】〒606−8344 京都府京都市左京区岡崎円勝寺町91−99
【最寄り駅】地下鉄東西線東山駅より徒歩7分

kanbigaka8-1.jpgkanbigaka8-2.jpg



kanbigaka8.jpg

7月の二人展・8月のうちわ展でもお世話になったアートギャラリー博宝堂にて、本年も「関西美術院の画家たち」展を開催致します。
現在関美で活動する作家と、かつてここで描いた先人の作品が並びます。

浅井忠が作り、梅原龍三郎、安井曾太郎、須田国太郎、向井潤吉、宮本三郎らが学び、今我々が立つ関西美術院。

師・三谷祐幸に捧ぐ。

「関西美術院の画家たち」展Ⅷ
【会期】2019年10月1日(火)〜10月13日(日)/7日(月)休廊
【時間】11時~18時/13日(日)は〜17時
【会場】アートギャラリー博宝堂
【会場住所】〒606−8344 京都府京都市左京区岡崎円勝寺町91−99
【最寄り駅】地下鉄東西線東山駅より徒歩7分

kanbigaka8-1.jpgkanbigaka8-2.jpg




| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2020 VOICELESS CONVERSATIONS, All rights reserved.