Recent entries
2016/09/13 (Tue) 俳句
2016/07/02 (Sat) UNDER THE BLACKSTAR
2015/11/21 (Sat) 音楽
2015/06/01 (Mon) N.へ

Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


oil8.jpg

恩師の三谷祐幸さんが言った。
「山本君、絵はバイオリンみたいなものですよ。」

バイオリンは、左手で音符の位置を決定し、その選択の連続が旋律を紡ぐ。
一方、右手は実際に音色を発生させる。
歌手における発声だ。
初心者の右手に握られた弓は鋸に堕し、卓越した演奏家のそれは、一秒動くだけでそうと分かる、心地好い音を響かせる。

具象画は二元性を有する。
例えばチューブから絞られたままの絵具、油でお汁状に溶かれた絵具、どんなキャンバスにどんな体に引っ付き、どんな風に発色しているか。
或いは、凸凹の紙に浅く乗った木炭、目の奥まで入り込んだ木炭、それらが織り成す様々なグレーのハーモニー、質感のバラエティー。
つまり、画材の、物質自体としての美しさ。
そして、その集積が何を表しているか、意味しているか。
絵では渾然一体となっているが、本来、前者(物質性、マチエール)と後者(意味性、モチーフ)には関わりが無い。
多くの抽象画は前者に特化していると言えるだろう。
前者がバイオリンの右手、後者が左手に当たるというわけだ。

このブログも『裸婦との声無き対話』と題しているが、これまで僕は、モチーフと僕の間に時折起こる化学反応だけを頼りに描いて来た。
結果、しばしばモチーフに圧倒され、意味性の奴隷となり、“僕が描いた、僕のものではない絵”という感触を覚えた。
或いは逆に、発火した感情をコントロール出来ず、色が色を塗り潰し、形が形を覆い隠し、混乱し、破綻し、化学反応の刻印に失敗した。
絵であるにも拘らず、目前のキャンバスにちょっと無頓着だった。

一歩立ち止まって、気持ち良く絵具を乗っけよう。
これが僕の乗せ方だ、僕の発声法だ。
一筆一筆、キャンバスとしっかり対話して。

上の自画像は“右手”を強く意識して描いた最初の作品。
現在京都市美術館で開催中の京展に出品しています。

京展2011
【会期】2011年6月14日(火)~6月30日(木)
【開館時間】午前9時~午後5時(入館は午後4時30分まで)
【休館日】毎月曜日
【会場】京都市美術館
【住所】京都市左京区岡崎円勝寺町124(岡崎公園内)
【交通案内URL】http://www.city.kyoto.jp/bunshi/kmma/information/access.html
【TEL】075-771-4107
【入場料】大人900円(800円)、高大生600円(500円)、小中生400円(300円)、( )内は20名以上の団体料金。京都市内在住の70歳以上の方(敬老乗車証等で確認)、障害者手帳提示の方、京都市内小中高生は無料。


Gidon Kremer-Bach,Ciaccona



スポンサーサイト

chihuahua8.jpg

デザインフェスタを終えた後、千葉のホキ美術館、上野の写楽展レンブラント展、秋葉原のメイド喫茶、赤坂見附のフーターズ等を巡り、ようやく京都に戻りました。

ブースにお立ち寄り頂いた皆様、仲良くして下さった出展者の方々、支えてくれた友達、もえもえにゃんにゃん桜子ちゃん、ホットパンツのオレンジ色より眩しかったスザンヌ、本当に有り難う御座いました。

ギャラリーで発表する際は、お客さんは絵を見るために一度扉を開けるわけで、気に入る入らないはともかく、絵に目を向けてくれる。
しかしデザフェスのようにブースが居並ぶ場では、素通りされることもしばしば。
逆に素通りしそうになったお客さんの視界に僕の絵が入り、くっと足が止まる、だけで終わることもあるが、更にブースに引き寄せられる。
この瞬間が堪らない。

自分の絵の吸引力ということを考えずにいられなかった。
絵から蜘蛛の糸のようなものが出て、通行者を絡めることが出来るか否か、振り払われず、絵の前まで引っ張って来れるかどうか。
強い糸を、強い絵を紡がねば。

有明にて①/有明にて②/有明にて③/秋葉原にて/赤坂見附にて
designfesta1.jpgdesignfesta2.jpgdesignfesta3.jpgmaidcafe.jpghooters.jpg

oilmatera2.jpg

俺は画家だ。
しかし絵は手段であって、目的ではない。

画面作りには興味がない。
作るよりむしろ壊すことだ。

日常生活用のバランス感覚、倫理の薄汚れた外套を脱ぎ捨て、
本能と乖離した計画、計算、デッサン、構図を叩き壊し、
体を覆う皮膚という皮膚を剥ぎ取って、
俺の血肉を画面に叩き付ける、やるのはそれだけだ。

画面の赤はその鮮血だ。
青もまた心血の色だ。

山本真也第一回個展 青春の断面図
2009年2月17日(火)~2月22日(日)
12:00~7:00PM(最終日~5:00PM)
ギャラリーヒルゲート1F
〒604-8081 京都市中京区寺町三条上ル天性寺町
TEL 075-231-3702
URL http://www.hillgate.jp
第1回個展DMのコピーDM裏のコピー

oilkodama.jpg

現在、僕のヒーローを主演に迎えた映画が2本公開されている。

一つは『シャイン・ア・ライト』
マーティン・スコセッシが撮った、ローリングストーンズのライヴドキュメンタリーだ。
さっき見て来た。
最高だ。

無駄に神経質で、精力減退した今の時代に存在しない音楽。
つまり本当のロックンロール。
潔癖症の美しさ、小賢しい演出はどうでも良い。
ただ剥き出しのミックとキースとロニーとチャーリーが在った。

劇中のキースの言葉、「始まれば俺は俺だ。考えない。」
今夜は良い絵が描けそうだ。

ちなみにもう一本の方の我がヒーローとは、只野仁である。
言わずと知れた、電王堂の特命係長。
エビちゃん好き。
小澤マリア好き。
三浦理恵子はCoCoの時から好き。
そして高橋克典と永井大の胸筋にぞっこんラヴ。

上の絵も僕のヒーロー、先輩の画家・児玉健二さんの肖像。

SHINE A LIGHT(2008)-official trailer




oil7.jpg

参加していた『京の空間師展』が終わりました。
御来場頂いた皆様、有り難う御座いました。
御来場頂けなかった皆様、次回こそお待ちしております。

会期中は色んなことがありました。

畳や漆や陶器や多種の展示の中、私の絵に穏やかな眼差しを留めて下さる紳士に「絵、お好きなんですか?」とお尋ねしたところ、「こういう者です。」と美大教授の名刺を頂きました。

着物やお花や花器や御覧になっていたマダムの方々に「家具の上中さんのソファでも寛いで行って下さい」とお勧めしたところ、とてもとてもとてもとても寛いで頂いて、展示室は一時間半、BGMのジャズも掻き消す世間話と高笑いに満たされました。

他にも凄く熱心に鑑賞して下さる方がいらして、しかし後で凄く熱心にマルチ商法の勧誘もされました。

様々勉強になった。

絵は空間師メンバー、畳職人の成田洋一さん。

kuukan4.jpgkuukan5.jpgkuukan1.jpgkuukan3.jpgkuukan2.jpg


| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2017 裸婦との声無き対話, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。