Recent entries
2018/06/16 (Sat) 301号室の直径
2018/05/10 (Thu) 京大ヲ洗濯致シ候
2017/10/07 (Sat) 301
2016/09/13 (Tue) 俳句
2016/07/02 (Sat) UNDER THE BLACKSTAR

Selected category
All entries of this category were displayed below.

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


301b.jpg

昨秋、『301』第1号を発刊した。
続編まで今暫く掛かりそうだが、301号室の直径は拡がりつつある。
俳句と短歌を共通言語に、多ジャンルのメンバーが集い、インスピレーションの交換をする。
現在の構成因子は私の絵画の他、美術評論、写真、音楽、演劇、文学、自然地理学、生物学、医学、酒豪、下戸、助平、堅物等。
今後、メンバー間の化学反応やコラボレーションを活発化して行ければと思っています。
活動の両輪は毎月の句会・歌会と勉強会、あと飲み会。
次の企画は俳句の勉強会で、テーマは「近代の俳句〜子規、虚子、秋桜子、楸邨」
俳句史が最も大きくうねった時代、今我々の思う「俳句」が如何にして成ったかを追体験する、スリリングな時間になると思います。
6月24日(日)14時から、京都市左京区にて。
ご興味と熱意のある方は、このブログのコメント欄(SECRETにチェック)或いはFacebookを通じて、ご連絡下さい。


スポンサーサイト

d20.jpg

京都大学は5月1日、吉田キャンパス周囲の立て看板の撤去に乗り出した。昨年10月の市の行政指導を受けたもの。

タテカン撲滅
多種多様で埋められていた百万遍南東角の石垣に残るは、写真の二つだけ。
「タテカン撲滅」という巨大タテカン、京大生による痛烈な皮肉と取っていたが、思い過ごしであったかどうか。
隣の「京(みやこ)・輝き隊」は市の委託団体で、腕章、軍手、スクレイパーを登録者に支給し、「景観保護」の権限を与える。
この醜悪なネーミングセンス、推して知るべし。

現代人の清潔信仰。
垢と見れば垢。しかし文化とは、それを練って丸めたようなものだ。
明治維新以降、我々は同じ過ちを犯し続けている。
洗濯



301-2.jpg

俳句、短歌、詩、エッセイ、漫画等の複合メディア誌を創刊致しました。
画家の他、作家、文理の研究者、学生、編集者の九人、オッサンからおねえさんまで各者各様の布陣。
我々の拠点からその名を取って、『301』という本です。
私は俳句、挿絵入りショートショート、装丁で参加しております。
是非ご高覧下さい。

301.jpg



d18.jpg

シンガーZAZの身体には音楽が入り込んでいる。
毛細血管の端の端に至るまで音楽が入り込んでいる。
だから彼女が発する全ての音符、音符にならない倚音や喋る声、声にならない吐息にまで音楽が宿っている。

実は絵画より音楽が好きな僕は、常にそれを思う。
線の一本一本、タッチの一つ一つに音楽を。


Paris sera toujours Paris/ZAZ




d16.jpg

偉大な画家がくれるものは、勇気だ。
チェコの作家Ludvík Kubaの絵をなぞりながら。
及び、恩師三谷祐幸の回顧展を思い返して。




| HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2018 裸婦との声無き対話, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。