Recent entries
2016/09/13 (Tue) 俳句
2016/07/02 (Sat) UNDER THE BLACKSTAR
2015/11/21 (Sat) 音楽
2015/06/01 (Mon) N.へ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


2.jpg

それにしても今日の日本ハム―西武戦、オリックス―楽天戦は凄かった。
片やダルビッシュ・涌井の投げ合いで9回決着付かず、延長10回1―0のサヨナラゲーム。片や新星の金子を相手に岩隈が面目躍如、4年振りの完封勝利。
明日はいよいよセ・リーグも開幕。パ・リーグのような熱い戦いを展開してもらいたいものです。
我等の安藤や福原にもパのエース達に負けない凄みのあるピッチングを。上園や岩田や阿部、桜井や林や坂には次世代を担うという宣言足るプレーを。

実は京セラドームでの開幕戦、友人に「チケットあるぞ」と誘ってもらったのですが、今週月曜から描いているポーズの仕上げをやる日で、球場行きを我慢した私は偉いのか馬鹿なのか。
逆説的ですが、アトリエ行きを選択した私が後悔する試合をしてくれますように。

その前に絵に集中出来るのか?
スポンサーサイト

18.jpg

日曜日は、ウォン・カーウァイ監督の『マイ・ブルーベリー・ナイツ』を映画館に見に行って、帰宅後、クエンティン・タランティーノ監督の『デス・プルーフ』のDVDを見た。前者は相変わらず、ヴィヴィッドな色彩とメロウな音楽とシャレた台詞が満載、後者は相変わらず、酒、麻薬、暴力、ファンク、ナイスバディー、F-word全開だった。タッチは全然違うけれど、ストーリーにこれといったメッセージはなく、映画が好きで映画を作ったという感触が似ている。言い換えれば、映画それ自体でなくて、映画を撮る背中に強烈なメッセージを見る。

映画館からの帰り、行き付けの中華屋に小龍包を食べに行ったのだが、裏道の目立たぬ店、安い値で美味い点心を提供する寡黙な主人の背中に、監督達と同じオーラを感じた。

私も彼等の様に絵を描きたいと思う。主義・思想を振り翳すでなく、それは背景から匂うように描きたいと思う。

と主義・思想を喋り散らすのはこの辺にして、アトリエに戻ろう…

My Blueberry Nights Trailer




50.jpg

以前の記事で話題にした、美術モデルで我が筋トレの師のHiroさん。彼が写真家のYukiさんと共に作られた写真集が、2月にフランスで出版されました。私もその表紙の絵を担当させて頂いたのですが、有り触れた写真集の表紙から変化を付けようということで、私が描いたHiroさんのクロッキーを持って来たのです。
今回アップした作品は採用されたものと別ですが、同じセッションで生まれた一作です。
さて、女性陣からそのナイスバディーを是非拝見したいとの声もあったので、最近開設されたHiroさんのホームページのアドレスを貼っておきます。体作りやダイエットに役立つ情報も載っています。
http://rojue.cool.ne.jp/art_hiro/index.html

57.jpg

黄色い肌を描く
描いているとお腹が減る
おにぎりを食べる
やる気が湧く

赤い唇を描く
またお腹が減る
サンドイッチを食べる
再びやる気が湧く

やる気だけ先走って名作は生まれない
徒労感に満ち満ちる
肩も凝った
デトックスサウナに行く

汗と共に悪いものが分泌される
タオルに黄や赤の染みが出来る
カドミウムイエローとカドミウムレッドだ
描いた手でものを食べてはいけない

22.jpg

何かモチーフを前に描いていると、知らず識らずの内にその形や色を写し取るのに躍起になる。
或いは頭の中の理論が気付けば手をコントロールし、光源と逆の面を暗く染めては立体感を醸し、稜線を濃く印しては絵を締める。
そういったことは画面の説得力を増すのに間違いなく必要だけれども、言い換えれば既存の戦法であり、新規のものは生み出さない。
創造の原動力になるのは、個個人が独自に持つ感情だと思う。
こう線を引きたいとか、この色を使いたいとかいう。
そうして“予め完成が想像される”のでないもの、新しい何かが誕生する。

私は行き詰るといつも、ゴッホの画集を開く。
ゴッホはそんなに“上手く”ない、でも最高だ。
それは、ゴッホが感情に従ったアーティストだったからだ。


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2008 裸婦との声無き対話, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。