Recent entries
2016/09/13 (Tue) 俳句
2016/07/02 (Sat) UNDER THE BLACKSTAR
2015/11/21 (Sat) 音楽
2015/06/01 (Mon) N.へ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


c69.jpg

全てのマフィア映画ファンが…
いや、全てのオヤジが…
いや、全ての男が…
この時を待ち侘びていたろう。
そう、アル・パチーノとロバート・デ・ニーロの本格競演である。
現代映画界を代表する二人が同じ作品に出たのは、これまで二度。
『ゴッドファーザーPARTⅡ』『ヒート』である。
前者では、アル・パチーノ演じるマイケルの父ヴィトの若き日をデ・ニーロが務め、共演シーンは皆無。
完全に“二人の映画”だった後者さえ、刑事のパチーノが追い、ギャングのデニーロが追われ、マイケル・マン監督の演出もあって、二人の表情を同じ画面に収めることは無かった。
そう、2008年まで一度も無かったのだ。
そんな世紀を跨ぐ夢を遂に実現したのが、『ボーダー(原題Righteous Kill)』である。
監督は『フライドグリーントマト』のジョン・アヴネット。
前作『88ミニッツ』の主役にもパチーノを起用したが、脇に配される美女美女美女、キャラ弱くオチ弱く、B級ムード満点。
ついでに日本公開時、1988年生まれのアイドルとバスト88センチのアイドルから成る“88(パチパチ)シスターズ”が広報を担当し、パチーノ台無し此の上無しであった。
『ボーダー』は大丈夫か…
また妙なユニットは登場しないか…
それどころかいつまでも劇場で上映されず、不安の炎がパチパチと燃え上がった…
今春やっと公開、しかし一瞬で終了、見逃す不覚。
今月やっとDVD化され、ようやく見れた、泣けた。
『88ミニッツ』よりずっと良いものの、話の肌理は粗い。
パチーノは凋んだし、デニーロは膨らんだ。
最強のコンビだから、及第点じゃなく最高の舞台を、と期待のインフレも起こる。
それでもラストが読めても、二人の凄みで見入ってしまう。
体型は変わっても、二人の渋さは不滅だ。
二人が笑って見詰め合う。
二人が怒って睨み合う。
相棒として二人。
宿敵として二人。
とうとう叶ったこの夢に、全ての男と共に祝杯を。


パチーノ!!デニーロ!!乱れ撃ち!!!!!
pacino1.jpgpacino2.jpgpacino3.jpgpacino4.jpgpacino5.jpg
deniro1.jpgdeniro2.jpgdeniro3.jpgdeniro4.jpgdeniro5.jpg
heat.jpgrighteouskill1.jpgrighteouskill2.jpgrighteouskill3.jpgrighteouskill4.jpg


“Righteous Kill(ボーダー)”本編冒頭5分



スポンサーサイト

c68.jpg

最近の久保田智之は痺れる。
痺れまくる。

ほとんど直球。
ほとんど150キロ超え。
ほとんど涙が出そうな投げっぷりだ。

今年の久保田は紆余曲折があった。
シーズン中盤は調子を落とし、登板毎に失点し、30番登場のアナウンスに自軍ファンからのブーイングが重なるという有様だった。
JFKの一角としての何年もの活躍が、並のピッチャーのように打たれるのを許さなかった。
しかし徐々に好投が続いて、再びセットアッパーの位置に着くと、この優勝戦線真っ只中、ここぞの場面で豪腕唸り、守備で攻撃するかの如く、もう主役の躍動である。
昨日の解説の赤星川藤も語った通り、「復調」の言葉より「気力充実、意気衝天」と言う方が似合う。
滾った精神は、力や技を超えた次元で、バッターを圧倒し、観客の心を打つ。

久保田の一球一球は、まるでゴッホの一筆一筆を見るようだ。
二人のように腕を振るいたい。


唸るトルネード/JFKお立ち台揃い踏み/ゴッホ自画像/ゴッホに似てると噂のマートン
kubota.jpgJFK.jpgvan goghマートン


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2010 裸婦との声無き対話, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。