FC2ブログ


Recent entries
2019/08/01 (Thu) 百うちわ作品展
2019/07/16 (Tue) 来年の出囃子
2019/07/05 (Fri) 抽象画のリアリティ
2019/07/02 (Tue) 本日開幕!

daddy.jpg

俺のオヤジ(↑)はコテコテの大阪弁を喋る。
「ほんまでっか」とか「ぼちぼちでんな」とか言う。
船場の商人ということは大きいだろう。
しかし世代的なものもあると思う。

俺はコテコテではない。
大学からの京都生活も長くなっている。
「そうです」が頭高でなく平板になったり。
しかし世代的なものもあると思う。

大阪に限らず、我々の世代辺りから、滅菌処理的な教育が施されて来た。
年長者には敬語を、知らない人と話してはいけません、教師は聖職、体罰は厳禁。
核家族化、マンションの乱立、地域コミュニティの衰退、治安の悪化、モラルの低下等、様々に絡み合って、消毒は苛烈に苛烈になった。

それは、大阪の、大阪弁のメンタリティを侵害した。
ものを値切る時は「オッチャン、もうちょっと安してえなあ」であって、「店員さん、もう少し安くして頂けませんか」では頂けない。
甲子園では知らんオッチャンに焼鳥を貰い、知らんオバチャンと手を取り合って、六甲颪を歌うのである。
ガールフレンドを連れて行くと、オッサンの抱擁が妙に長いのは許せんのだが。

俺はラテン系の国に行くと、とても居心地が良い。
人と人との距離が圧倒的に近く、過慮の和製シェルターは霧散し、結果自分自身にも正直になれるからだ。
そしてそのことは、自己と向き合わねばならぬ絵にも決定的に好影響である。

半ば削れてしまった俺の中の大阪人の意気、やはり大切にしたいと思う。
大阪で生まれた男やさかい、阪神ファンとして、画家として。


大阪で生まれた女/BORO



スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2010 VOICELESS CONVERSATIONS, All rights reserved.