Recent entries
2016/09/13 (Tue) 俳句
2016/07/02 (Sat) UNDER THE BLACKSTAR
2015/11/21 (Sat) 音楽
2015/06/01 (Mon) N.へ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


c83.jpg

フーターズに行った翌日、再び赤坂見附を訪れた。
連日スザンヌちゃんに会いに行ったわけでなく、ニューオータニ美術館でベルナール・ビュフェの展覧会が催されていたからだ。
exhibition.jpg
奥の展示室で『仔牛の頭』と題されたフィルムが流れる。
ビュフェが正に仔牛の頭を中心とした静物画を成す様を、エティエンヌ・ペリエが撮ったものだ。
ビュフェは木炭だろうか、黒々とした線をキャンバスに引いて牛の頭を形作り、一旦はたいて、消え残りの上に新たな頭を描く。
白をナイフでどんどん乗っけて行く。
色を筆で殴るように置いて行く。
勢いは損なわれない。
更に濃い色を白を、筆でナイフで重ね、混ぜ合わせ、かすらせる。
終始音楽的と言って良いリズムを持って。

大まかな言い方だが、イラストやデザインの多くは完成度を求められる。
例えば丁寧に引いた輪郭線があって、そこに色が綺麗に収まるか、斑無く塗られるか、食み出たりしたら失敗だ。
画家においては逆で、如何に完成度に目を背けられるか、如何に自分から出たものを肯定出来るかだ。
先発の輪郭に後の色が収まるか否かが問題ではない。
食み出ようが食み出まいが、それが生きたものかどうか。
食み出たなら、それが食み出るべくして食み出たか。
食み出していながら、先の輪郭と呼応しているか。
自分から出る線、形、色を肯定出来るか。
全てが確かに自分の痕跡か。
線が、形が、色が、自分か。

イラストやデザインの多くは絵そのものを見る。
しかし、画家の絵は絵を見るのではない。
その向こう側の、画家が何を思いどう筆を振るったかを、透かし見るのだ。

ビュフェ『百合』/『赤い蝶』/『アナベル夫人』/『ロワール地方・シャンボール城』/『ヴェネツィア・サンマルコ小広場』
buffet1.jpgbuffet2.jpgbuffet3.jpgbuffet4.jpgbuffet5.jpg
スポンサーサイト

chihuahua8.jpg

デザインフェスタを終えた後、千葉のホキ美術館、上野の写楽展レンブラント展、秋葉原のメイド喫茶、赤坂見附のフーターズ等を巡り、ようやく京都に戻りました。

ブースにお立ち寄り頂いた皆様、仲良くして下さった出展者の方々、支えてくれた友達、もえもえにゃんにゃん桜子ちゃん、ホットパンツのオレンジ色より眩しかったスザンヌ、本当に有り難う御座いました。

ギャラリーで発表する際は、お客さんは絵を見るために一度扉を開けるわけで、気に入る入らないはともかく、絵に目を向けてくれる。
しかしデザフェスのようにブースが居並ぶ場では、素通りされることもしばしば。
逆に素通りしそうになったお客さんの視界に僕の絵が入り、くっと足が止まる、だけで終わることもあるが、更にブースに引き寄せられる。
この瞬間が堪らない。

自分の絵の吸引力ということを考えずにいられなかった。
絵から蜘蛛の糸のようなものが出て、通行者を絡めることが出来るか否か、振り払われず、絵の前まで引っ張って来れるかどうか。
強い糸を、強い絵を紡がねば。

有明にて①/有明にて②/有明にて③/秋葉原にて/赤坂見附にて
designfesta1.jpgdesignfesta2.jpgdesignfesta3.jpgmaidcafe.jpghooters.jpg

chihuahua7.jpg

日が近付いたので、改めてデザインフェスタへの参加を告知させて頂きます。
東京で初めての展示です。

デザインフェスタvol.33
【私のブースナンバー】G-362
【私の展示内容】水彩・油彩・墨等によるチワワの詰め合わせをどうぞ
【日時】2011年5月14日(土)15日(日)AM11~PM7
【場所】東京ビッグサイト西ホール全館 〒135-0063 東京都江東区有明3-21-1
【交通案内URL】http://www.bigsight.jp/general/access/index.html
【TEL】03-5530-1111
【入場料】前売券800円(一日)1500円(両日)当日券1000円(一日)1800円(両日)
【デザインフェスタURL】http://www.designfesta.com/index.html

最近無味乾燥な記事が続いてしまって、申し訳有りません。
どうしよう、これでは余りに素っ気無いなあ…

また少女時代を貼っ付けますので、御容赦下さい。
曲はGee!僕のブースナンバーもG!無理矢理!
ユナの可愛さに免じて、御容赦下さい。
テヨンだけでなくユナも好きなのです、サランヘヨ。

ひたすらユナ





| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2011 裸婦との声無き対話, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。