FC2ブログ


Recent entries
2018/09/03 (Mon) 無鄰菴吟行句会歌会
2018/07/21 (Sat) 短歌ビギナー会
2018/06/16 (Sat) 301号室の直径
2018/05/10 (Thu) 京大ヲ洗濯致シ候

chihuahua11.jpg

友人の画家、河原康佑君がニューヨークへ旅立った。
京都を離れる間際、彼は自室を展覧会場にして作品を見せてくれた。
毎日こつこつ描き溜められた数千の絵。
その中から、気に入ったのを選んでもらえますか?と彼は言った。
選んでもらった絵を並べてみると、自分の絵と言うより、選んだ人の感性を見ている感じがすると言う。
「展覧会の前なんかに自分の絵を選択していると、偶発的に出た“新しい自分”は結局弾いてしまうんですよ。」
「弟は絵は描かないんですが、何かセンスがあって、そのセレクションにはハッとさせられるんです。」
以下は後で彼から来たメール。
「今日はありがとうございました!絵があって、それを見て選んだ人の感性があって、その人の感性に触れた人の感性があって、描いてる人も見ている人も見ている人の感性を見ている人も差異はないのかな、と思いました。絵を描くことは特別なことではなくて、数ある役割のなかの一つなのかな、と。それよりもそれぞれの人の感性の触れ合いこそが、大切なことの様な気がしました。また沢山絵の話しましょう。楽しかったです。ではまた週末に!」
結局「週末」には会えず仕舞いでちゃんと見送ることも出来なかったが、無事に着いたかな?
ブロードウェイの巨乳ダンサーには会った?
また新たな刺激を仕入れといてくれ。
俺も負けずに京都で、爪ならぬペインティングナイフを研いでるよ。

あまり関係無いけど、ニューヨリカン(ニューヨークのプエルトリコ人)で強盗で俳優で戯曲家で“ラッパーの祖”ミゲル・ピニェロの伝記映画『ピニェロ』の予告編。
ベンジャミン・ブラット、格好良過ぎる…
でも河原君、ヤク中にはならないように。



スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2011 裸婦との声無き対話, All rights reserved.