Recent entries
2017/10/07 (Sat) 301
2016/09/13 (Tue) 俳句
2016/07/02 (Sat) UNDER THE BLACKSTAR
2015/11/21 (Sat) 音楽

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


d2.jpg

私が裸婦を描く根拠地のアトリエROJUEに来て下さるモデルさんは、造形感覚の鋭い方が多く、このブログにアップしているクロッキーも、その大きい部分を彼女達のダイナミックなポーズに負っています。
19世紀“バルビゾン派”の画家ジャン・フランソワ・ミレーの描く農民は、静謐さ湛える日常風景に在りながら、やはり力強いムーヴマンを有していて、見るといつも模写したくなります。
上のスケッチは、現在開催中の三菱一号館美術館のシャルダン展に交じっていた、ミレーの『ミルク缶に水を注ぐ農婦』。
ちなみに、近頃絵描き仲間の間で、性的に奔放な男性を「種蒔く人」と呼んでいます。

上述の『ミルク缶に水を注ぐ農婦』/ミレーの代表作『晩鐘』/『落穂拾い』/『種蒔く人』/おまけは合わせて行ったジョジョ展よりィィィィッッッッ!!!!ハーヴェストォォォォォーーーーーッッッッッ!!!!!
Millet4.jpgMillet1.jpgMillet2.jpgMillet3.jpgjojoexhibition.jpg


スポンサーサイト


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2012 裸婦との声無き対話, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。