Recent entries
2016/09/13 (Tue) 俳句
2016/07/02 (Sat) UNDER THE BLACKSTAR
2015/11/21 (Sat) 音楽
2015/06/01 (Mon) N.へ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


c70.jpg

先日、平井堅とラウル・ミドンとロバータ・フラックのジョイントコンサートに行きました。
初武道館。
狭い地下通路が歴史を感じさせる。
会場も思ったより小さく、ステージが近くて良い。

『Sing Forever』『アイシテル』と新曲を連発する平井堅、堅ファンがイマイチ付いて行けずも『Killing me softly with his song』の合唱、「優しく殺されたか~?」という堅さんの呼び掛け等、色々素晴らしかったが、僕にとってのハイライトはライヴ冒頭だった。
ラウル・ミドンの独奏。
バンドが加わる前、アコギ一本でマイクの前に立った彼は、渋く且つ煌びやかな歌声、歯切れ良い或いは優しい弦声を響かせ、更に口をすぼませてトランペットみたいな音色を出し、細かい音符を指先とユニゾン。
他の楽器が鳴らない分、ラウルその人を思い切り堪能した。

画家の素描は、シンガーの弾き語りに当たると思っています。
何故か洋画の分野では、鉛筆とかコンテとかシンプルな画材で描いたもの、時に水彩画等も、油やテンペラで仕上げた“タブロー”より一段低いという風に見られるようだが。
腑に落ちないことだ。

ともかく、僕はここに公開しているドローイングを始め、簡素な道具を使った絵も作品として提示し続けて行きたい。
画家のUNPLUGGEDとして。


来週末、下のイベントに裸婦クロッキーを出品します。
お越しやす。

KYOTO ART FESTA “artDive♯03”
若手アーティストによる作品展示・販売・パフォーマンス等
【日時】2010年11月13日(土)・14日(日) Open11:00 - Close17:00 入場無料
【会場】京都市勧業館『みやこめっせ』第3展示場 Aフロア
【出展ブース数】約160ブース
【出展者数】約250名
京都で開催される、若手クリエイターのためのアートフェスタ:artDive[アートダイブ] 京都アートフェスタ2010

Raul Midon "State of Mind"


スポンサーサイト




東京でもやってよ
【2010/11/05 22:18】 URL | うざわ #-[ 編集]
おう!近いうちに!
【2010/11/07 01:08】 URL | 山本真也 #-[ 編集]
がんばってはりますね☆

私も13は、展示の搬入と、14日は文化祭で作品を見にいく予定が決まっていて、とても今回は残念です~

また次の機会、見せてもらいます~~

ゆっくりアートな話しに、漱石な話し
したいですね~~
たのしみにてますね☆
【2010/11/10 19:21】 URL | なでしこひめ #-[ 編集]
14日行きます(^∀^)ノ
山本先生の作品楽しみにしていますm(_ _)m
【2010/11/12 22:51】 URL | 零夢 #-[ 編集]
お疲れっ。
画家の仕事って、創作だけじゃないから大変やなー
という姿を垣間見た気がします。
【2010/11/14 16:27】 URL | やっぴょん #-[ 編集]
>なでしこひめさん
お返事の書き込み遅くなって御免なさい。
無事イベントを終えました。
毛色の違う作家達に挟まっての展示、色々考える材料になりました。
またゆっくりお話しましょう。
先月阪神が負けた日、自棄酒してたら急性アル中になったので、酒は程々にしつつ。

>零夢さん
今日は有り難う御座いました。
また違う画材の絵も見てやって下さい。
そちらもニューヨークの合同展頑張って。
月末のクロッキー会でお会いしましょう。

>やっぴょん
有り難う。
バタバタして御免な。
創作だけじゃない部分をサボったから、やや中途半端な出品になってもうたかな。
ああいう展示場はやはり小さい絵やポストカードも用意して、気軽に触れてもらう場にせんとあかんなあ。
【2010/11/15 03:48】 URL | 山本真也 #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 裸婦との声無き対話, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。