Recent entries
2016/09/13 (Tue) 俳句
2016/07/02 (Sat) UNDER THE BLACKSTAR
2015/11/21 (Sat) 音楽
2015/06/01 (Mon) N.へ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


13.jpg

2007年最も痺れた映画は、『300』
史実と異なるとの批判があったことは一筆添えておくが、コミック原作のフィクションと割り切るなら、私の周りで面白くないと言う人が居なかった。
ジェラルド・バトラーの渋さ!
レナ・ヘディーの気品!
惜しみなく繰り出される敵キャラはどれも丁寧に作り込まれ、水中で撮ったというオラクルの舞の何と幽玄であったことか!
何よりも、どのシーンを静止しても一幅の絵になりそうな構図センス、色使い!
ゴールドと白黒の抑制された画面に映える紅は、同じフランク・ミラー原作の『シン・シティ』を思い出させた。(『シン・シティ』は、2005年度最も痺れた映画。)
それよりも何よりも、登場する男性が皆ケンシロウ!!!!!
俺の腐り掛けた筋トレ魂、呼び覚ましてくれて、ありがとう。

300 - Movie Trailer


スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 裸婦との声無き対話, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。