Recent entries
2016/09/13 (Tue) 俳句
2016/07/02 (Sat) UNDER THE BLACKSTAR
2015/11/21 (Sat) 音楽
2015/06/01 (Mon) N.へ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


chaplin2.jpg

チャールズ・チャップリンは言わずと知れた20世紀の映画監督、俳優、脚本家、作曲家、プロデューサー。
映画がトーキーへと移行する時代にあって、最後までサイレントに拘った人でもある。
無声で雄弁に表して来た喜怒哀楽がいよいよ台詞となったキャリア後半には、数々の名文句を含むトーキーの傑作群も産み出したが。
それでも、観客の想像力と自身のパントマイムによる表現との化学反応に、彼は強い拘りと誇りを持っていた。
チャップリン作品でと言うより、全ての映画の中でも最も有名な一つである『モダンタイムス』劇中の最も有名なシーンは、歌詞をカンニングしながら歌おうとするもその仕込みを失ってしまい、開き直ってイタリア語のようなフランス語のような出鱈目な言語で歌って拍手喝采を浴びる場面、初めて放浪紳士が声を出した瞬間である。
つまり声を出して猶、言葉無しで語れることを証明しようとしたのであった。
画家にとって、これほど励まされることがあろうか。
特に私のような「声無き対話」と題して人間を描く者にとって、これほど共感する作り手はいない。

改めて個展の告知をさせて頂きます。

山本真也個展『言葉無しで語る人』inspired by Charlie Chaplin
【会期】2014年4月22日(火)~4月27日(日)※月曜休廊
【時間】12時~19時(最終日17時まで)
【会場】綾小路ギャラリー武
【会場電話番号】075−351−4787
【会場住所】京都市下京区綾小路通高倉東入ル高材木町228−3
【最寄り駅】地下鉄烏丸線「四条駅」15番出口より徒歩2分、阪急京都線「烏丸駅」3番出口より徒歩4分
【会場URL】http://www.aya-take.jp
chaplindm1.jpgchaplindm2.jpg

『モダンタイムス』より上述のシーン、曲は『ティティナ』

スポンサーサイト




先生、お久しぶりです。

個展開催おめでとうございます。
今は追い込みかかって女性のことなど考えてられないような状況とお察しします。
すみません、言った端から「んなこたねーな」と思いました。

土曜か日曜に伺います。先生には「がんばってください」など必要ないので、ん~っと、感動に巻き込んでくださいね(^◇^)。
【2014/04/14 12:32】 URL | 藤原サオリ #-[ 編集]
これこれ、藤原さん、ネット上で誤解を招く発言は止めて下さい。誤解じゃなくても止めて下さい。
【2014/04/16 20:57】 URL | 山本真也 #-[ 編集]
【芸術の20世紀 喪失宣言】一現代美術・残された最後の提案一

本当の「20世紀」
http://geijutuno20ctsousitu.blog.fc2.com/
3870vtni@jcom.home.ne.jp


はじめまして、こちらの記事を拝見し、興味をお持ちいただけるかと思い

このメールを送らせていただきました。

「天才の時代は終わらせなければいけないと思うのです。」
「いえ、それは100年も前に終わっていたのです。」

こちらへの投稿は筋違いかもしれませんが、お読みただければ光栄です。

このメールの投稿には、一切の営利に関わる意図はありません。
【2014/04/17 16:26】 URL | 本当の「20世紀」 #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 裸婦との声無き対話, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。