FC2ブログ


Recent entries
2019/08/01 (Thu) 百うちわ作品展
2019/07/16 (Tue) 来年の出囃子
2019/07/05 (Fri) 抽象画のリアリティ
2019/07/02 (Tue) 本日開幕!

ws14.jpg

俳句・短歌を活動の軸とし、様々なジャンルのメンバーが集う「301」主催のワークショップ、7月の企画は「俳句と短歌 往来自在な地続きの存在 寺山修司を通して考える」です。
お申し込みは、workshop301@outlook.comまで。
           *
【第14回301ワークショップ 俳句と短歌 往来自在な地続きの存在 寺山修司を通して考える】
日時:2019年7月28日(日)14時~17時
場所:京都東山区
司会:工藤 惠
テーマ:「俳句と短歌 往来自在な地続きの存在 寺山修司を通して考える」
 寺山修司(1935年―1983年)は、1954年、短歌による文壇デビュー以降、評論、詩、演劇、映像などに多彩な才能を開花させていくが、十代には多くの俳句を作っており、彼の短歌には自作俳句を展開したものが数多くある。

わが夏帽どこまで転べども故郷
ころがりしカンカン帽を追うごとくふるさとの道駈けて帰らむ

この家も誰かが道化揚羽高し
この家も誰かが道化者ならむ高き塀より越えでし揚羽

芯くらき紫陽花母へ文書かむ
紫陽花の芯まっくらにわれの頭に咲きしが母の顔となり消ゆ

 この寺山の俳句から短歌への引き延ばしは、俳壇・歌壇に物議を醸したが、本人は「いつも同一の舞台だけでは寸法があわなくなる」として、「イメージをちぢめたりのばしたりして一つの作品を試作」することの意味を主張していた。
 寺山修司の作品の鑑賞を通して、あるいは参加者自身が俳句から短歌、短歌から俳句への展開を試みることで、それぞれの詩形が作り出す世界を味わっていきたい。
参加費:500円
ご予約は workshop301@outlook.com まで
           *
以降のワークショップのスケジュールは、
https://workshop301.amebaownd.com
をご参照下さい。
           *
複合メディア誌『301』創刊号、発売中です。
https://www.amazon.co.jp/301-山本真也/dp/4905245214

スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2019 VOICELESS CONVERSATIONS, All rights reserved.