FC2ブログ


Recent entries
2020/06/09 (Tue) 髪うねる
2020/06/04 (Thu) 『船団』第125号

himuro2020-4.jpg

俳誌『氷室』の令和二年四月号が発行されました。
今回の「句集歴程」は、竹味千賀子さんの『プロメテウスの泥遊び』について書かせて頂いた。「太陽」「草樹」というタイプの異なるグループで作って来られた千賀子さんは、とてもバランスの良い俳人だ。

北窓を開けて校長鳥放つ
ふくらはぎ揉んで叩いて熱帯夜
きちきちの跳んで前方後円墳
来世まで視界良好日向ぼこ
精神科医焚火の世話をやりたがる
大根焚く還暦といふ落し蓋
大根擂る自分がわからなくなりぬ
薔薇を剪る影まで赤き薔薇を剪る

「…正攻法を取りながら、そう来たか!という意外性も持ち合わせていて、もう外角いっぱいのストレートを決められたバッターの気分。」

見本誌は、送料込み1000円でお届けします。詳しくは以下のホームページをご参照下さい。
http://himurohaiku.com

スポンサーサイト





















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2020 VOICELESS CONVERSATIONS / SHINYA YAMAMOTO'S BLOG, All rights reserved.