FC2ブログ


Recent entries
2021/04/04 (Sun) 内田裕也に樹木希林
2021/04/04 (Sun) 杉田久女vs.西東三鬼
2021/02/26 (Fri) いばりこぶた

グッバイ・ゴダール!

「山本真也のキネマ句報(仮)」22本目

『グッバイ・ゴダール!』(2017)
監督/ミシェル・アザナヴィシウス
出演/ルイ・ガレル、ステイシー・マーティン、ベレニス・ベジョ、ミシャ・レスコー

『アーティスト』のミシェル・アザナヴィシウス監督作品で、前回の『ドリーマーズ』と同じ時代が舞台だが、こちらはコメディータッチ。『中国女』からジガ・ヴェルトフ集団での活動期、ゴダールのパートナーだったアンヌ・ヴィアゼムスキーの自伝が原作。二人の蜜月から破綻までを通して、五月革命前後のゴダールが「ゴダール」を壊して行く様を描く。
しかしながら70年代以降も映画は映画であることをやめなかったし、音楽も小説もなお健在だ。ところが絵画と彫刻は、現代アートのフィールドに組み込まれながら、絵画と彫刻であるのを自虐することになって行く、この映画のゴダールそのままに。その流れは今も続く。
僕は絵画を愛する。そういう一人として言いたいのは、そろそろこんな茶番終わりにしないか?画家が絵を描かずに何をやるのだ?
ゴダール役は『ドリーマーズ』で運動に狂騒するテオを演じたルイ・ガレル、「ゴダールの再来」と言われたフィリップ・ガレル監督の息子だ。ゴダールが『ドリーマーズ』を撮ったベルトルッチと喧嘩するシーンも出て来る。『ドリーマーズ』にはゴダールの『はなればなれに』が引用されている。

木守柿ジョンが残らず取ってしまう

今回の句も、、ビートルズ連作「マジカル・ミステリー・ジャパン・ツアー」より。

(今年は、301のホームページをスタートさせます。多ジャンルを横断するコンテンツを発信して行きますが、そのうちの1コーナーを先行公開。僕、山本真也の担当する「キネマ句報(仮)」は、毎週一本の映画を取り上げ、コラムとそれにまつわる一句という形で展開します。お楽しみ下さい。※コーナー名を「キネマ句報」と「cunema」で迷っております。)

スポンサーサイト





















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2021 VOICELESS CONVERSATIONS / SHINYA YAMAMOTO'S BLOG, All rights reserved.