Recent entries
2017/10/07 (Sat) 301
2016/09/13 (Tue) 俳句
2016/07/02 (Sat) UNDER THE BLACKSTAR
2015/11/21 (Sat) 音楽

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


c32.jpg

             家庭において

母は編物をする
息子は戦争をする
それは全く当然のことと思う 母は
そして父は 何をする 父は
彼は事業をする
妻は編物をする
息子は戦争
自分は事業
それは全く当然のことと思う 父は
そして息子は 息子は
何と思う 息子は
全く何も思わない 息子は
息子 母は編物をする 父は事業 自分は戦争
戦争が終わったなら
彼は父と事業をするだろう
戦争は続く 母は続く 編物をする
父は続く 事業をする
息子は戦死する 彼はもう続かない
父と母は墓地に行く
それは全く当然のことと思う 父と母は
生活は続く 編物のある生活 戦争 事業
事業 戦争 編物 戦争
事業 事業 そして事業
墓地のある生活。

シャンソン『枯葉』の作詞者として知られるジャック・プレヴェールは、人間の内面を言葉尽くして表すのでなく、外形や周囲の情景の描写から却ってその中身を炙り出す、上の様な詩を沢山残した。「映画的な詩」と評される所以である。(『天井桟敷の人々』等、映画の脚本も多数手掛けた。)「言葉の魔術師」とも呼ばれるプレヴェールだが、寧ろ説明的な言葉の力を疑っていた様に思う。言葉は語られる対象そのもので到底無く、質の悪い比喩に過ぎない。ならばその粗末な例えをそのままは使わず、セットを組んで一つ芝居を打とうじゃないか、そんな風にしてかのアプローチを取ったのでないだろうか。
斯様な彼の姿勢に共感を覚える画家の私も、説明的な描写は極力排し、対象から汲み取ったイメージを代弁するタッチの集積によって、棒読みの写実を超えるリアルを求めたいと思っている。

             メッセージ

           誰かが開けた扉
           誰かが閉めた扉
           誰かが座った椅子
           誰かが撫でた猫
           誰かが齧った果物
           誰かが読んだ手紙
           誰かが倒した椅子
           誰かが開けた扉
           誰かが走り続ける道
           誰かが通り抜ける森
           誰かが身を投げる川
           誰かが死んだ病院。

出典 Jacques Prévert,Parole,Gallimard,collection folio,1972.

『枯葉』 Yves Montand


スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 裸婦との声無き対話, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。