Recent entries
2017/10/07 (Sat) 301
2016/09/13 (Tue) 俳句
2016/07/02 (Sat) UNDER THE BLACKSTAR
2015/11/21 (Sat) 音楽

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


c57.jpg

サイモン&ガーファンクルのコンサートに行った。

中学二年の時、野球部で万年補欠だった私はバットをギターに持ち替え、初めて弾き語ったのが『冬の散歩道』と『四月になれば彼女は』だった。

セピア色の伝説だったはずが、眼前で色彩を帯び動いている…
年表の上、二人の線と私のそれが辛うじて重なって本当に良かった…

『サウンド・オブ・サイレンス』のイントロが爪弾かれた時、『明日に架ける橋』の3番、Sail on silver girl~♪とハモって入った時、目から鼻から液体が零れた。
シンプルなフォークギターの伴奏と二人のハーモニー、それだけで十分だ。
いや、余計なものの混じらない“それだけ”が最高だ。

私は描く時、出来る限り装飾や作為を廃し、剥き出しの核を焼き付けたいと思う。
必要最小限を描く1分2分のクロッキーが私にとって重要なのは、つまり必然だ。
自分でも良く分からないそういう拘りのルーツは、あの頃の譜面辺りにあるのかもしれない。

April Come She Will(四月になれば彼女は)/Simon & Garfunkel


スポンサーサイト


















管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 裸婦との声無き対話, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。