Recent entries
2017/10/07 (Sat) 301
2016/09/13 (Tue) 俳句
2016/07/02 (Sat) UNDER THE BLACKSTAR
2015/11/21 (Sat) 音楽

c59.jpg


パブロ・ピカソのことを考える。
それはワールドカップでスペインが活躍しているからでなく、キャンバスの前、彼の如く描きたいと思うからだ。

ピカソは排泄するように絵を描いた。
そこに上手く行くとか行かんの基準は無く、ただその日その時の痕跡を残すように描き散らしたように感じる。
岡本太郎が著作の中で、「馬小屋のような雑なアトリエで雨でも洩ったのか、画面全体に泥がハネ上がったのをそのまま出品するのを見て、口惜しいと思った。自分なら土を拭き取ってしまう。」と語っていたが、誠実なる日本人として痛い共感をしてしまった。
徹底的な、徹底的な自己肯定。

ピカソの作品の一枚一枚が、レンブラントゴッホのそれのように心震わすのではない。
しかしそのあまりの快便振りは、スケッチブックのページ毎に一喜一憂する謙虚で矮小な僕を、そんな小さな山も谷も越えた向こう側へ蹴飛ばしてくれるのである。
スポンサーサイト




ナルは文章がほんまに巧いなぁ。言葉を扱う仕事をしている身として、天然で文章が巧い人はほんまに羨ましくて、もはや憎いです。
【2010/07/17 23:24】 URL | やっぴょん #-[ 編集]
やっぴょん、コメント有り難う。
筆も絵筆も走るよう頑張ります~
【2010/07/19 01:45】 URL | 山本真也 #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 裸婦との声無き対話, All rights reserved.