Recent entries
2016/09/13 (Tue) 俳句
2016/07/02 (Sat) UNDER THE BLACKSTAR
2015/11/21 (Sat) 音楽
2015/06/01 (Mon) N.へ

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。


27.jpg

昨年の絵です。
ここ暫く水彩のクロッキーを続けていますが、少しコツが分かって来た。そしてコツが分かるというのは良くないですね。この色とこの色の組み合わせは見栄えするとか、こうぼかすと雰囲気出やすいとか、見えて来た分、そういう作為に走ってしまう。こぢんまり纏まっているけど、水彩を使い始めた頃の、兎に角モデルを見詰めて、そこから受ける色や形や流れのイメージを無心に画面に叩き付けた時の、不器用なハッスルがない。分不相応のミラクルがない。BON JOVIで言えば、HAVE A NICE DAYよりCRUSH。CRUSHよりSLIPPERY WHEN WET。THIS LEFT FEELS RIGHTは好きだけどね。

Bon Jovi - Wild In The Streets


スポンサーサイト




このコメントは管理人のみ閲覧できます
【2007/12/24 06:46】 | #[ 編集]
おぅマルティン、お盛んだネ!!!
今UPされてる絵は秀逸やねぇ!と思ったよ。
なかなか見ごたえあってステキです。
あたしも描いたポーズとかあるから
尚、色々と胸にしみるものがあるように思います。

いつもは冷やかしてばかりいるけど、
やっぱり上手いなぁと思います。ホンマに。
あたしには出来ない表現とか、捉え方とか、ホンマに尊敬してるし。
熱情とか、なんかそういう感じが伝わってきます。
果たして誰の熱情なのか。
ナルなのか、モデルさんなのか、共有した空間・時間なのか、また見る人側の問題なのか。
なんかよーわからんけど、色々考えるものがありました。
更新、楽しみにしているぞな。

てゆーかナルって文章上手いなぁ。
【2007/12/25 20:54】 URL | モナム~ルやし #-[ 編集]
やっぱり上手いなぁと思います。ホンマに。 ってホンマに??やしにそない言われたら、光栄やら恐縮やら、励まされるし、恥ずかしいです。
一つ前の記事でモデルと描き手の熱情に関して書いたけど、確かに肩を並べる他の描き手の熱情、つまりその場その時間の熱情、またそういうものを見手が感じてくれるかも、全部大事やな。そしてまた上の記事の繰り返しだが、その熱情の大敵である慣れとかマンネリから、絶えず抜け出して進みたいものです。
次の更新では、やしの隣で描いた思い出深い一枚を取り上げます。また覗いてね。
【2007/12/26 05:12】 URL | 山本真也 #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 裸婦との声無き対話, All rights reserved.




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。