Recent entries
2017/10/07 (Sat) 301
2016/09/13 (Tue) 俳句
2016/07/02 (Sat) UNDER THE BLACKSTAR
2015/11/21 (Sat) 音楽

c62.jpg

夏が来ると、そうめんを食べたくなる。
と言うより、そうめん付いて来ると、今年も夏が来たなあと思う。
他にもそういうことが幾つかあって、

桃が旬で甘くなり、値も下がり、もうやたら買い込んで、もうひたすら丸齧る
暑い時季だけ販売される絶品のソフトクリームを求め、近所のケーキ屋に通う
薄着のお姉さんにボンヤリする
薄着のオバサンにウンザリする
TUBEの『恋してムーチョ』って凄いタイトルやなあ、と思い出す
サザンの曲を聴きまくる

さて今年も車のCDデッキに『バラッド3』を積んだ途端、桑田佳祐さんの病気のニュースが伝わって来ました。
しっかり治して、元気な姿を見せて下さい。

桑田さんには色々教わった。
人生で初めて買ったアルバムは『世に万葉の花が咲くなり』で、音楽の楽しさを知った。
『稲村ジェーン』でラテンサウンドに触れ、同作収録の『忘れられたBIG WAVE』ではアカペラを好きになった。
洋楽を齧って日本の音楽に捩れた思いを抱いていた頃、『月』『黒の舟歌』のカバーを聴き、演歌や昭和歌謡も愛するようになる。
沖縄の楽器と音階を使った『ナチカサヌ恋歌』に驚いて、イヴモンタの名で桑田さんが歌う『バードランドの子守唄』でジャズに目覚めた。
「嗚呼、物作りする人は色んなものが好きで、色んなものを食べて、色んなものを吐き出すんだなあ」とジーンと感じた。
その感想は今、僕の最大の指針となっている。

桑田さん、全快したら、また色んな曲を聴かせて下さいね。
お楽しみにしてます

書き漏らしたが、思い出はまだまだある。
『ボディ・スペシャルⅡ』のジャケをエロ本代わりに眺める
『シュラバ★ラ★バンバ』のPVをAV代わりに眺める
孤独でBlueの場所“G★スポット”の意味を覚える
路上弾き語りに際してサザンを大量に仕込んで行くも、『TSUNAMI』ばかりリクエストされ、大ヒット曲を抱えるミュージシャンの知られざる苦悩を知る
エリとかエリコとかいう女性の前で、軽々しく『いとしのエリー』を歌ってはいけない


桑田佳祐/黒の舟唄


スポンサーサイト




サザン私もよく聴きました。
同世代なので、サザンと共に過ごしてる気がします。

愛しのエリー

せつないです~
エリやエリコてお名前の女性が羨ましく思えました(・_・;)

音も色と同じで、組み合わせで無限大ですね!

これからも、わたしもいろいろな絵を生み出したいです!

それから、桃・・・ジューシーで美味しいですよね(*^_^*)
私もいつまでも瑞々しくいたいな^^
【2010/09/12 18:07】 URL | なでしこひめ #-[ 編集]
今日は大分過ごし易かったですね。
朝頬張る果物も桃から葡萄や梨に。
でも描いてる時のBGMはサザンのままに。
【2010/09/14 23:20】 URL | 山本真也 #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 裸婦との声無き対話, All rights reserved.