Recent entries
2017/10/07 (Sat) 301
2016/09/13 (Tue) 俳句
2016/07/02 (Sat) UNDER THE BLACKSTAR
2015/11/21 (Sat) 音楽

degasreproduction.jpg

「投げ遣り」という言葉を広辞苑で引くと―
投げすてておくこと。結果はどうなってもかまわないと、無責任な態度であること。
とある。
goghportrait.jpg
国立新美のゴッホ展で見たこの絵の背景の投げ遣りっ振りに、僕は打たれた。
筆振るったまま、タッチを揃えたり整えたり一切無し。
ここをこの色に塗りたい、それだけ、それ以外は要らない。
絵は目で見るものにも拘らず、絵面という結果はどうでも良い、何をしたいか伝わればそれで良い。
その無責任な態度こそが、結果的に暗喩となり、絵の色気となる。

言い換えよう。

模写は良い。
特に他の画材でやるのが良い。
同じ道具だと、どういう技法かどういう筆触かの研究に傾き勝ちだが、違う媒体に依ると、絵面は真似難いけれども、却って画家が何を描こうとしたのかという、より本質的なものの見えて来ることがある、聞こえて来ることがある。
巨匠との対話、至福の時。


上はドガの彫像のスケッチ。横浜美術館にて大回顧展開催中、12月31日まで。必見!下は前述のゴッホの模写/ロートレックの模写/シーレの模写/ドーミエロダンアンソールの模写/レンブラントの模写
goghreproduction.jpglautrecreproduction.jpgschielereproduction.jpgensorodaumier.jpgrembrandtreproduction.jpg
スポンサーサイト




巨匠との対話ですね。
色彩をモノトーンで模写してみる積極的な意味が、
山本さんの模写を拝見して、
おぼろげながら、わかった気がします。
【2010/10/10 18:24】 URL | 寅吉 #SFo5/nok[ 編集]
誰のどんな絵の模写をしても山本さんの絵になっとるがな。それがおもしろい。
【2010/10/10 21:19】 URL | sumire #NTatTllY[ 編集]
>寅吉さん
モノトーンなのは、手元にペンしかなかっただけなんですけどね( ̄_ ̄;
しかし我が国の美術館は何故ペンすら禁止なんでしょう。百万歩譲っても、もうちょっとちゃんとした鉛筆を用意しといてもらいたい。あの胸ポケットに挿すペラペラのやつじゃなしに。

>sumireさん
ほんま?他の描き手と比して、モチーフによって絵が変わる方やと思ってたから、意外な御意見やわ。嬉しいです。
【2010/10/11 03:36】 URL | 山本真也 #-[ 編集]
たまたまでしたか。弘法筆を選ばず。
深読みしすぎました(笑)

美術館での模写は問答無用でNGだと思っていましたが、
ペラペラの鉛筆なら可なんですね。
【2010/10/12 00:32】 URL | 寅吉 #SFo5/nok[ 編集]
海外の大きい美術館に行くと、大概模写をする油絵画家何人かに出会う。
先日、新美の秋野不矩の前でペラペラ走らせてたら、「模写でしたらなるべく早く済ませて下さい」と言われた。
何と貧しいことだろう。いくら金使って名作引っ張って来ても、何と貧しいことだろうか。
【2010/10/14 14:36】 URL | 山本真也 #-[ 編集]
山本さんの裸婦クロッキーと思ったら、ドガの彫刻スケッチだったのですね。。。

明日、横浜美術館へドガ展行ってきます!
ポーズの参考になれば良いのですが・・・とにかく楽しみ☆
【2010/10/14 23:22】 URL | ターミネーちゃん #-[ 編集]
ドガ展如何でした?
バレリーナを描いていたのだから当然と言えばそうですが、ドガほど人体のムーヴマンに焦点を当てた作家もいないですもんね。
クロッキーしていて、一番共感する画家です。
【2010/10/15 18:48】 URL | 山本真也 #-[ 編集]














管理者にだけ表示を許可する


| HOME |


Design by mi104c.
Copyright © 2017 裸婦との声無き対話, All rights reserved.