FC2ブログ


Recent entries
2019/08/01 (Thu) 百うちわ作品展
2019/07/16 (Tue) 来年の出囃子
2019/07/05 (Fri) 抽象画のリアリティ
2019/07/02 (Tue) 本日開幕!

ws12.jpg

俳句・短歌を活動の軸とし、様々なジャンルのメンバーが集う「301」主催のワークショップ、5月の企画は「歌詞を書いてみよう」です。
お申し込みは、workshop301@outlook.comまで。
           *
【第12回301ワークショップ 歌詞を書いてみよう】
日時 : 5月6日(月)14時〜17時
場所 : 京都市内
司会 : 中村公
テーマ : 歌詞を書いてみよう
司会者からの紹介文 : タイトルの示すまま、こちらが準備した楽曲の歌詞を参加者の方に書いてもらってそれを実演するという企画です。自分の紡いだ言葉が音楽になって空気を揺らす瞬間、旋律と言葉が出会って歌になるその感覚を味わってもらい、同じ旋律から発想したそれぞれの言葉を皆で共有する。
日頃、俳句や短歌、詩をされている方は違った制約の中で表現してみる場として。音楽をされてる方は他者を知る機会として。言葉を紡ぐ事に興味はあれど一歩踏み出せないでいる方は、この機会に身近な音楽を用いて言葉で表現する楽しさを感じてみませんか?
曲の発表は自ら歌っても良いし、司会である私が代わりに歌っても良いです。下記のリンクから楽曲を聞いていただき、事前にメールにて投稿してください。
課題曲1
https://soundcloud.com/user-142172422/1a-1
課題曲2
https://soundcloud.com/user-142172422/2a-1
(どちらかで選んでください。)
5/4締切。投稿アドレスは参加申し込み後にお伝え致します。事前に疑問、質問等も受付ますので気軽に連絡ください。
参加費:500円
お問合せ 参加申込みはworkshop301@outlook.com まで
           *
以降のワークショップのスケジュールは、
https://workshop301.amebaownd.com
をご参照下さい。
           *
複合メディア誌『301』創刊号、発売中です。
https://www.amazon.co.jp/301-山本真也/dp/4905245214



murin-an.jpg

301ワークショップ、4月の企画は無鄰菴吟行。もう少し空きがあります。
お申し込みは、workshop301@outlook.comまで。
4月6日(土)は、七代目小川治兵衛による庭園・日露開戦についての会議が持たれた洋館などを吟行、13時より句会歌会スタート。
           *
【第11回301ワークショップ 無鄰菴吟行】
日時:2019年4月6日(土)12時〜17時
場所:無鄰菴(京都市左京区)母屋二階
司会:山本真也(画家/俳人)
テーマ:吟行句会歌会
司会者からの紹介文:無鄰菴は、七代目小川治兵衛による庭が名高い、山縣有朋の別荘です。無鄰菴自体は9時から開いていますので、自由に吟行して下さい。
句会歌会場になる母屋二階は、12時以降使えます。荷物を置いたり休憩するのに使用して下さい。
13時、投句投首締切、一人それぞれ三作まで。17時までに会を終えます。
会場URL:https://murin-an.jp
参加費:500円(無鄰菴入場料410円は入口で別途支払い)
ご予約は workshop301@outlook.com まで
           *
以降のワークショップのスケジュールは、
https://workshop301.amebaownd.com
をご参照下さい。
           *
複合メディア誌『301』創刊号、発売中です。
https://www.amazon.co.jp/301-山本真也/dp/4905245214


picturelanguages4.jpg

個展『絵画言語』閉幕致しました。
ありがとうございました。

次は7月、岡本匡史と二人展を開催します。

(この絵、自信作やってんけど、隣の抽象画に人気攫われたなあ…)



picturelanguages3.jpg

今日・明日とお休みを頂き、13日(水)より、展覧会期後半をスタート致します。
今回は、裸婦のドローイング作品を「俳句」と題し、謂わば「小説」に当たるペインティングと同等のものとして提示する試みを致しております。絵画における第二芸術論への挑戦のつもりです。
また、初めて油彩の抽象画を並べ、これは重層性と余白性の両立を目指したもの、作者と鑑賞者双方のものであるような着地点を志向したものです。
(写真撮影:高橋 保世)

山本真也個展『絵画言語』
【会期】2019年3月5日(火)〜3月17日(日)/11日(月)・12日(火)は休廊
【時間】12時~19時/10日(日)・17日(日)は〜17時
【会場】ギャラリー知
【会場住所】〒604−0995 京都市中京区寺町通丸太町東入る下御霊前町633青山ビル1F
【最寄り駅】京阪電車神宮丸太町駅より徒歩5分、地下鉄烏丸線丸太町駅より徒歩7分、地下鉄東西線市役所前駅より徒歩7分
DM表2DM裏



sendan120のコピー

俳誌『船団』の表紙絵とカットを担当させて頂きました。
3月1日発行の第120号は「東京」がテーマということで、どういったカットにするか惑いつつ描きましたが…開いてのお楽しみ!

川嶋健佑さんによる企画「一句考察」にも参加させて頂き、こういう形になるとは聞かされてなかったものだから、随分調子に乗った文体でやってしまいましたよ。
でも、池田澄子さんの新作一句を、六名で、二週間に渡って考察するという体験は、とても刺激的でした。

お求めは、書店にて「地方・小出版流通センター」扱いの南方社の「船団」と告げて頂くか、セブンネットショッピングでも購入可能です。
或いは、僕の個展会場にも置いています、原画と一緒に。




Prev | HOME | Next


Design by mi104c.
Copyright © 2019 VOICELESS CONVERSATIONS, All rights reserved.